緑黄色野菜摂取方法

野菜の中でも最も大切だと言われるもののひとつである緑黄色野菜をしっかりと摂るためには、毎日の食卓にあげる必要があります。しかし、人間は草食動物ではないため毎日大量の野菜を摂取することが難しいという現実があるのです。そのため、ベータカロテンを効率良く摂るためには工夫が必要になります。

毎日しっかりとベータカロテンを摂りたいという人は油を使った調理に注目してみましょう。ベータカロテンは脂溶性ビタミンのため油に溶けやすく水に溶けにくいという特徴を持っています。そのため、油を使った炒め物や揚げ物などで調理することで効率よくベータカロテンを摂取することが出来るのです。さらにこうした調理法は野菜自体のカサが減るだけでなく生野菜よりも柔らかく食べやすい状態になるため、量を沢山取ることが出来るのです。

しかし、油を大量に使った料理は体が心配だという人もいるかと思います。そのような人は卵の黄身などの脂質が多い食材と一緒に摂取するのがおすすめです。またドレッシングに含まれる油を有効に使ってサラダなどを食べるということも有効だと言われています。このように、調理の中で緑黄色野菜と油の関係性を考えることで料理のレパートリーも広がっていくのです。

Copyright ©野菜と栄養の関係性を調べて健康に過ごそう!, All rights reserved.