リコピンについて

リコピンとはカロテノイドの一種でトマトに多く含まれる抗酸化作用効果が強い栄養素です。リコピンはすべてのトマトに一律で含まれているわけではなく、品種などによって大きく差が出てきます。加工用の高リコピントマトでは15mg、通常の加工用トマトには10mg、生食用のトマトには3〜5mg前後のリコピンが含まれています。含有量で言えば通常のトマトよりもミニトマトは100g当たりに対するリコピンの量が多いため、手軽に食べたいという人には良いでしょう。

また、食べ方にも注目してみましょう。リコピンを摂取するためには細胞壁を壊すことが重要になっています。そのため、すりつぶしたりミキサーにかけたりするのがおすすめです。また、市販されているトマトジュースやトマトピューレ、トマトケチャップも同様の理由でリコピンが摂取しやすくなっていますので、上手に活用していきましょう。

栄養素の中には加熱をすることによって成分が変質してしまうものもありますが、リコピンは熱に強いため加熱調理をしても量がさほど変わりません。むしろ細胞壁が壊れたり柔らかくなったりするのでリコピンが吸収されやすくなります。さらに、リコピンは油に溶けやすい性質を持っているためパスタソースにトマト缶を入れるなどの調理で効率良く吸収することが出来るのです。

Copyright ©野菜と栄養の関係性を調べて健康に過ごそう!, All rights reserved.