ショウガについて

冷奴などの料理の薬味や鍋ものや湯豆腐などに利用されるショウガは爽やかな辛味と香りが特徴的な野菜です。こちらは生食と乾燥で使い分けることによって、より効能がはっきりと出てきます。そのため、利用する用途に応じた使い分けをすることが大切になってきます。

まず、生姜の持つ栄養素の中にはジンゲロールやショウガオールというものが含まれています。これは辛味の主成分となっており、体をポカポカと温める血行促進効果があるのです。また、胃腸を刺激して活性化させるため、消化不良などを起こしてしまう人などに有効だと言われています。さらに抗菌効果や抗酸化作用があるとも言われているため、毎日適切な量を摂取することによって生き生きとした生活が手に入るのです。

また、料理に使う時のポイントとしては肉を柔らかくする効果があるということに注目してみましょう。具体的な例を挙げるのであれば、「豚のショウガ焼き」で多くの人がその効果と美味しさに気付いていることでしょう。しかし、肉を柔らかくする効果にのみ着目するのであればチューブ入りのショウガは加熱処理をされているため効果がありません。代わりに加熱処理されたショウガには香りが強くなるという特徴を持っています。

Copyright ©野菜と栄養の関係性を調べて健康に過ごそう!, All rights reserved.